秋葉原でリーズナブルに串揚げを堪能できる 吟くら

アキパス_吟くら

おもちゃ箱のような電気街口界隈で買い物やライブを楽しんだ後、「ちょっと落ち着いて一杯やりたいな」という方は駅をはさんで反対側の昭和通り側をぜひ探索してみてください。

昔からビジネス街だったので、粋な飲み屋さんが意外とたくさんあるんですよ。

アキパス_吟くら

昭和通りから入ってすぐのところにある「吟くら」も仕事帰りのサラリーマンで連日大にぎわいの人気店。こじんまりとしたお店ならではの居心地のよさとリーズナブルな価格設定が人気の秘密です。

看板メニューの串揚げは注文を受けてから串を打って揚げるので、最初にまとめてオーダーしましょう。時間のかからないお料理をつまみつつ、楽しくお話ししながら串が揚がるのを待つのがお勧めです。

アキパス_吟くら

揚げたての串揚げが来たらソースをつけて熱いうちにどうぞ!もちろんソースの二度づけは禁止ですよ!!

アキパス_吟くら

サクサクと食べやすく、あっという間に食べてしまうので、「おかわり!」と行きたいところですが、追加注文は他のお客さまのファーストオーダーが終わってからになるので、少し時間がかかります。どうしても追加がほしい!という時はのんびり待ちましょう。

アキパス_吟くら

飲み物もリーズナブルで、なんとエビスの中生が350円。他にもいわゆる「中」がたっぷりとジョッキに注がれたホッピーも人気です。

アキパス_吟くら

もう一つ、飲み物の隠れた人気メニューが「おすすめ地酒」です。マスターが厳選した2種類の地酒をそれぞれグラス1杯400円で楽しむことができます。時には日本酒ファン垂涎の「十四代」がお目見えすることもあるとのこと。日本酒党は要チェックですね!

マスターが一人で切り盛りしていることでリーズナブルな価格を実現していますが、写真の通りにこやかに気持ちのいい接客をしてくれます。秋葉原で「ちょっと一杯」というときのためにぜひチェックしておいてください。

吟くら

東京都千代田区神田和泉町1-2-22
営業時間:月~金 ランチ 11:30~16:00 夜 17:30~23:00 土 11:30~16:00
定休日:日曜日・祝日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る